初めて婚活でやっているパーティーにいったとき、大失敗となりました。

私が初めて婚活で行われるパーティーにいったとき、大失敗をしでかしました。

  • 結婚活動でやっているパーティーに初めて出席した際、大失敗をしでかしました。当時は、婚活をスタートさせたばかりで婚活自体に慣れておらず、一緒に結婚活動パーティーに参加すると約束した友達ともファッションの確認をすることなく何も考えずに出席したのです。パーティー会場に入って周囲を見回すと、参加している女性は全員、ワンピースやスカート、パンツスタイルでも女性らしい柔らかい雰囲気をまとっています。その点、私のスタイルはというと芸人のカズレーザーさんみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツ。それから、上着には黒のライダースジャケット、靴は黒ブーツと、周囲からかなりはみ出していました。当然、会場では別世界にいるような感じで、誰にも一切声をかけてもらえずイスでたった1人で座り、何をするわけでもなくパーティーを終えました。今考えても赤面するぐらい恥ずかしいですし、人生の中でも屈指の恥ずかしい体験となりました。この失敗を生かし、結婚活動が目的のパーティーに行く際は、服装の打ち合わせを友達とするようにしました。
  • お見合いパーティーでは絶対プロフィール(自己紹介)カードが渡されます。

  • お見合いパーティーでは絶対プロフィールカードというものが渡され、一人ひとりが事前に記載しておくのですが、そのプロフィールカードが話の話題を考える材料になるのです。ですから、他の参加者と似たようなことをついうっかり書いてしまうと、相手に与える印象が薄いばかりでなく他の誰かとごっちゃになる可能性すらあります。私の場合男の人から後程ものすごく褒められたことですが、得意料理が他の女性たちと被ることなく珍しかったと言われたことがあったんです。「肉じゃが」「ハンバーグ」「グラタン」などといったものは好感が持てますがそういった料理は、他の女の人と被りがちです。私の場合いつも「チンジャオロースー」「麻婆豆腐」とか、食事を作るのに慣れている人しか作らないような、わずかにですがこったメニューの名前を書いていました。料理を作ることが得意であることをアピールしたいなら、本来の得意な料理より、相手にどう印象を与えるかもしっかり考えて書き込むほうがベストです。
  • 結婚相手を見つけるため、結婚紹介所に会員登録をして婚活を始めると・・

  • あなたが結婚するため、結婚相談所などに登録していると、何度も門前払いされるケースは避けて通れないはずです。簡単に言えば、自己紹介欄を目を通しただけでお断りされたり、選択肢から外されてしまうことを意味します。そして、門前払いとまではいかなくともプロフィールで選考対象となって、その後のお見合いでフラれることもあります。でも、精神的な強さが婚活では必要となります。そのくじけない原動力というのはその人によって違うとは思いますが、年に関係なく、「家系を途絶えさせない」という大義さえあれば、きっと近い将来、良い相手に巡り会える、結婚できる、と前向きな気持ちになれるはずです。因みに私が、フラれても立ち直ることができたのは、結局は身体の関係を持ちたいと思う性欲が婚活の気力を支えていました。そんなわけで、あなた自身も、モチベーションとなるものを意識して結婚活動していくように考えてみてはいかがでしょうか。
  • それまで婚活に関してあまり知識のなかった私は結婚活動(婚活)をするうえで、…

  • 婚活に関してほとんど知識のなかった私は結婚活動(婚活)を成功させるために、テレビの情報を参考にしてみました。婚活を特集している番組を見ると不思議と「私もがんばらないと」という気持ちになれます。そうしているうちにどうせなら私も婚活イベントにも参加してみようと思うようになりました。またそういった番組では、婚活の様子だけでなく婚活イベントや婚活パーティーで役立つ情報が頻繁に紹介されていました。そういったことの知識の乏しい私にとっては本当に助かりましたしその中で、「自分を過剰に飾らない」が大事なことなんだと痛感しました。要するに自分を飾ることなく、正直な姿を見せることで相手も信頼してくれるのです。今後の婚活では、このテレビでの情報を生かして今後の婚活を良いものにしていくつもりです。
  • 結婚相手に恵まれなかった親しい友人が、結婚相談所に登録して…

  • ずっと独身だった親しい友人が、先月、結婚相談所を通じて知り合った男性と、結婚しました。けれども、初めから結婚したいと感じた人と出会えたわけではなかったようです。結婚相談所で、4人ぐらい紹介してもらったんだそうです。そうして、あれこれとやり取りしてみて、気が合う人と出会うことができたのだそうです。そして、6ヶ月くらい付き合ったのち結婚に至りました。また、ご主人となった相手には、結婚相談所を利用したときのローンが若干あったのだそうですが、出会えたことに満足しつつ返済していたとのことです。それなりにお金は掛かりますが、やっぱり結婚したい方には結婚相談所は、選択肢に入れておいて損はないサービスといえます。
  • 結婚活動をし始めたときは、仲の良い友達が率先して良さそうな相手を紹介してく…

  • 結婚活動を始めたころ、仲の良い友人が良さそうな人を紹介してくれることがたくさんありました。紹介してくれる相手は、前もって、どんな感じの人が教えてもらえるのでとくに不安に思うこともなく二人だけで会うことがほとんどだったのですが、そういった場合、食事の席、当然のことながらお酒がある場でもあるし、お互いに大人であることもあり、何となく話を合わせるのが当然だと思うんですよ。ところが、食事することなった男性が常識ある人とはいえない態度だったのです。ずっと深めにかぶっていた帽子は取らない、会話しようとしても目も合わそうともしないで、本当に無愛想な態度でした。一応、紹介という形で来ているわけですから呆れてしましました。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられたら、私が嫌なんだと普通だったらそう思うと思うんです。でも、帰ろうということも言いません。そうなると私の方でも、その人の態度に混乱してしまって思い切ってその理由を尋ねたら、「僕、人見知りだから、話すのが苦手で」と言われました。(・・・)それを知って本当に呆れ果てました。わざわざ、いろんなことを手配して席を設けてくれた友人になんだか申し訳なくてその男性と別れた直後事情を話し、謝りました。私に非があるとは思えないけど。